Open my mind to anything♪


漂流記♪第2弾@岡山市民会館

 マスクして、新幹線に乗って行ってきましたよ~。
ゴスペラーズコンサート@岡山 (2009年5月19日)

今回の お気に入りはなんといってもこれ
「インフルエンザと ニンニクギョウザの響きが似ている」 (by酒井雄二) 
041.gif最初の自己紹介の挨拶でそれかい!(笑)
さらに
「たくさん食べれば、インフルエンザも治っちゃうんじゃないかと」
まぁ、ニンニクだし、餃子だし、スタミナはつくと思うので、
あながちハズレではない・・・・?

初讃歌の うんぎゃるさんも気に入っていただいたようで(ギョウザネタではなくステージを、です!)
どうやら彼女も漂流し始めた? シメシメ037.gif



 ゴスモバイルの先行で取ったのに、2階席3列目。。。
・・・でしたが、うんぎゃるさんの言うとおり、2階席は1階席より広く、前にせり出しているので
2階といえどもかなり前。顔もみえる~ッ

 ♪セットリスト
オープニングは 一人ずつスポットライトを浴びて登場。

01. 1,2,3 for 5
02. 終わらない世界2009
      ~今回、もっとも楽しみにしていたこの2曲。おかげで最初からハイテンション!
       「終わらない世界」の時に前方に移動してきたてっちゃんに手を振ったら
        振り返してくれました053.gif ←思い込み

03. ローレライ       
      ~あ・い・し・て・る・ぅ~♪ 会場もヒラヒラの手振り付きでした
04. Full of Love
      ~一番最後の5人の歌い継ぎのところが好きです

~MC~
 各自の自己紹介と挨拶。ここでニンニクギョウザが(笑)
 黒ぽんが「今日もスパイスを摂取してきました」と対抗?してたけど
 私の中ではギョウザの勝利。

ここで北山君のあまーい声の仕切りで、極上の、スゥィートな、ソウルフルなバラードコーナーへ

05. Love Vertigo
      ~切ない。。。せつな過ぎる曲。こんな大人な曲を書く人が・・・(ギョウザだなんて)
06.I'll Make Love To You  
     ~ここで、ウワサの北山くん「脱ぐ」つーか ボタンはずし。
       歌詞が「僕も脱ぐからお前も脱げよ」って歌ってるんだって。
07. ミモザ      
     ~シングルでの発売当時は、普通に好きだったけど、ライブで聴くたびに好きになっている曲。
       CDではあの迫力は出ないんですよね

~ウイスキーがお好きでしょ~ 
      ~サントリーの「角」 買った人!で手を挙げるのかと思ったら、「拍手して」だった。
        既に売り上げには貢献しています!
        このツアーの間に全国で伝言ゲームをお願いして回れば、
        ひょっとしてCM出演もかなうかも?     
       
08. 逃飛行      
        ~初期の歌だけど、古くさくはないと思う。
09.傘をあげる
      ~ヤスのオンステージ、みたいな。傘に紐がついたらギターになる?
      ~この歌のリリース時もリアルタイムでは聴いてないけど、
       「逃避行」とは違って、この頃は若かったんだなぁ、と甘酸っぱく思ってしまいます(苦笑)
10.Blue Planet
      ~傘を本物のギターに持ち替えて、ヤスの伴奏付で。
       ギターの練習をしている、と言っていたのはここ2年ぐらいのことだったと思うけど、
       もう人前で弾けるのかーと、ちょっとうらやましかったり。
       最後に他の4人がステージからはけて、一人スポットライトの下でワンフレーズを
       弾き語り。ジャーンと弾き鳴らした後、
       「ありがとう」 ← なりきってる010.gif

~衣装替え~

11. 永遠に       
      ~真里さんのエレピアノと福ちゃんのギターでのアコースティックバージョン。
        月光を思わせるステージライトがP.Vの雰囲気を思い出させます。
        ライブでこの曲を聴くと落ち着きます。
12.青い鳥      
     ~バンド演奏で盛り上がるのもいいけど、ハーモニーが良く聞こえるこのアレンジのほうが好き。
      
 ♪アコースティックアンサンブルコーナー
  バンドメンバーに加え、5人も楽器を持っての演奏がありました。

  北山くん:ギタレレ・・・ギターとウクレレのハーフ
  安岡さん:アコギ・・・ ギターと傘のハーフ
  黒ぽん :ミニ鉄琴・・・白と黒のハーフ(ピアノの黒鍵と白鍵のように塗りわけられてました)
  リーダー:バスドラムの音がでる椅子型の打楽器(カホンというらしい)
        「何のハーフになるかな・・・」
      酒)「中南米の楽器だから、ハーフ南米でいいんじゃない?」 ←あんまり受けなかった
  リーダー「酒井の楽器(名前は)?」
  酒井  「クラビオーラ」ですけど?(それが何か?みたいな)」
         ・・・・ピアニカとアコーディオンのハーフみたいな物に見えました。
            聞いたところでは、日本で数台しかないめずらしい楽器だとか。

  楽器を持ってのウォーミングアップは
   ♪侍ゴスペラーズ ~ 英語の歌(曲名わからず) ~ 真夜中のコーラス
    (和歌山の時とは違ってた)
 
13.シマダチ ・・・アンサンブルバージョン
        ~月が照らす浜辺で歌っているみたい。やさしい、いい歌です。

          各地で話題になってて、どこのブログのレポにも書かれていますが、
          黒ぽんの鉄琴に向かう姿に どうしても 目が行ってしまう。。。

14.Armonia         
        ~安岡さんのベースボーカルもなかなか。

15. The Longest Time(なりきり)
        ~スタンダードナンバーでの「なりきり」は、お客さんも飲み込み早くて盛り上がります。
         酒井さんの仕切りで 「Longじゃなくて、Longe・s・t timeだよーん」 
          (だよーんとは言ってなかったか?) 
          ちゃんと「ス・トゥ」まで発音。
          酒井君の妙なテンションに「あんた誰やねん!」と一人突っ込んでました・・・
          
16.沈まぬ夕陽        
        ~このツアーで生で聴けると思ってなかったのでサイコー
17.Sky High
        ・・・文句になってしまうけど、この曲だけテンポが違うので、特にここに入れるのはどうかと。
18.セプテノーヴァ       
        ~この曲は 歌ってると元気が出てくる!
          ダンスもここが佳境?体力を振り絞ってステップを踏んでる感じ(苦笑)

19.FRENZY20.狂詩曲
        ~「キャーッ」の歓声がお決まりになってきましたね。

21.愛は探し出すのさ
        ~「僕たちを探し出してくれてありがとう」 
           わかっていてもグッと来てしまいます。   
22.My Gift To You        
        ~メロディも歌詞も聴き入ってしまいます。
           これに健ちゃんの キラキラしたピアノが入ったのを聴いてみたいなぁ。
Ending
        ・・・「1,2,3、for5」のメロディにのってエンディング。
           会場のお客さんが演奏にあわせて歌いはじめたのを、村上さんがうれしそうに
           みてたなぁ。
-En-
01. 言葉にすれば     
02.U'll be Mine (デビュー曲の次の曲)

~MC~
 最後の挨拶は、北山くんがイチオシでしょう。
        ・・・「この濃密なエロい空間で 歌うことが出来て・・・・」
          すかさず後ろでメモをとる酒井さんのしぐさに笑いがおこり、
          「この1500人のお客さんの前で、そんなことが言えるなんて」と言われ
          「僕が言ったんじゃない、お客さんが言わせたんだ」
03.ひとり  
         ~ライブに行くようになってから、今まで聴いたなかで、今回が一番印象に残った                  気がします。代表曲ゆえか、いつも微妙に自分の中ではズレていて。
          アンコールの最後に相応しく、しっくり聴くことができました。

今回は、全体を通してとっても満足しました。(もちろんいつも楽しいのですが)
受け取る私のココロの問題?
うんぎゃるさんには、酒井くんは「変な人!」と伝わったみたいだし(爆)
 でも、歌声は素敵でしょー?

次回漂流は 7月@大阪です
[PR]
by k-ham | 2009-05-20 23:09 | コンサート&音楽あれこれ

<< 同姓同名?      ゴスペラーズ@漂流・和歌山 >>

楽しかったことは書きとめておこう!気まぐれ更新ですがお付き合いくださいませ♪
by k-ham
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30